鎌原観音堂

鎌原観音堂

天明3年(1783年)の大爆発で、部落全域が非運にみまわれた鎌原、今はその当時の傷跡を残す資料館があります。